自動体外式除細動器の中古品は
AEDshopで購入できます。

購入手順はカンタンで
見積もり依頼をだして
許可が下りれば購入可能。

中古品を買う場合は
AEDshopを検討しましょう。

\新品価格より安い/

今すぐ見積もり依頼

この記事を読んでほしい人

・AEDを低コストで買いたい
・AEDを中古で安く買いたい
・AEDを専門店で買いたい

AEDshopは専門ショップなので
総合評価が高い。

他にも販売店はありますが、
価格が安くて保証期間が長い
専門店であるAEDshopが
一番おすすめできます。

自動体外式除細動器の中古はどこに売ってる?

自動体外式除細動器を中古で
購入できるおすすめのショップがこちら。

・AED shop

発注後、製造元から販売許可を
得ることができれば購入できるそうです。

ちなみに、ヤフオクなどのフリマでは
自動体外式除細動器は販売していません。

理由は「高度管理医療機器等販売業許可証」
を取得した業者しか販売できないからです。

一時期、ヤフオクでAEDが
出品されていることが問題となり、
今ではすでに規制されているそうです。

自動体外式除細動器を中古で買うなら
許可証を取得した業者を利用しましょう。

自動体外式除細動器の中古品のショップ比較

中古品を購入できるショップを比較します。

比較するショップは、、、

・AEDshop
・グリーンメディカル

比較基準は、、、

・価格の安さ
・保証期間
・納期の早さ

・種類はAED-3100

実際の比較表がこちら。

価格保証納期
AEDshop約14万円耐用期間分2週間
グリーン約17万円1年2-3ヶ月

極力、条件は同じにしました。

トータルで評価すると
価格、保証期間、納期の早さ、
どれを取ってもAEDshopが優れています。

グリーンディカルと比べると、、、

・AEDshopは約3万円安い
・AEDshopは耐用期間分ずっと保証
・AEDshopは2ヶ月分、納期が早い

AEDshopはAEDに特化したショップなので
当然といえば当然かもしれませんね。

その点、グリーンメディカルは
さまざまな医療器具を扱っており、
AEDに特化した業者ではありません。

手広くやってる分、
サービスが手薄になっているのかも。

結論、AEDの中古品を
取り持ってくれる業者なら
AEDshopがおすすめです。

自動体外式除細動器を中古で買うメリット

自動体外式除細動器を中古で買う
メリットがこちら。

・購入するより安い
・リモート監視機能付き
・バッテリーとパッドは新品交換
・耐用期間中は故障費用が発生しない
・オプションを付けることができる

購入するより安い

自動体外式除細動器は中古で買うと
新品より安いのがメリット。

中古品が安いのは当然の話ですが、
低コストの環境を意識するなら
中古も視野に入れて検討しましょう。

リモート監視機能付き

自動体外式除細動器は中古でも
リモート監視機能付きなのがメリット。

新品と同様のサポートが付いています。

具体的には、
AEDshopが遠隔で管理してくれて、
異常がおきた場合に連絡してくれます。

バッテリーとパッドは新品交換

自動体外式除細動器は中古でも
中身の状態を良くしてくれるのがメリット。

バッテリーとパッドは
あらかじめ新品に交換して
発送してくれます。

届いてすぐにバッテリーが
切れることもありません。

耐用期間中は故障時の費用が発生しない

自動体外式除細動器は中古でも
耐用期間があるのがメリット。

耐用期間中は、故障の費用が発生しません。

ちなみに、中古品の耐用期間は
4年、5年、6年のどれかを選択できます。

オプションを付けることができる

自動体外式除細動器は中古でも
オプションを付けることができます。

そのオプションとは、、、

・消耗品補充管理
・月次点検レポート

オプションのメリットは
管理コストが減ること。

細かい消耗品の補充や点検レポートを
肩代わりしてくれます。

ただし、オプションをつければ
当然費用もかさむので
ここは予算と相談ですね。

自動体外式除細動器の中古で買うデメリット

自動体外式除細動器を中古で買う
デメリットがこちら。

・汚れは多少あり
・新品よりも耐用期間が短め
・場所によってはリモート監視が不可
・製造元の許可が下りない場合もある

汚れは多少あり

自動体外式除細動器を中古で買うと
多少の汚れがあるのがデメリット。

中古なので仕方ない部分ではあります。

ただ、中身のバッテリーとパッドは
新品交換してもらえるので
性能としては何ら問題ありません。

新品よりも耐用期間が短め

自動体外式除細動器を中古で買うと
耐用期間が短いのがデメリット。

新品なら8年ですが、
中古なら4年〜6年と短めです。

ただ、精密機器は時間とともに
値段が下がる傾向にあるので
短く買い換えるのもアリだと思います。

むしろ、事業の状況が変わることも考えると
8年間ずっとAEDを必要とするかどうかも
不明ですよね。

現場状況もどんどん変わっていくので
耐用期間を短めで安く買う方が
賢い選択かもしれません。

場所によってはリモート監視が不可

自動体外式除細動器は、場所によって
リモート監視ができないのがデメリット。

ソフトバンクの携帯回線が届かない場所では
リモート監視ができません。

あらかじめ、
自動体外式除細動器の設置場所が
ソフトバンクの携帯回線が届くかどうか
確認しておきましょう。

製造元の許可が下りない場合もある

自動体外式除細動器を中古で買うといっても
製造元から許可が下りない場合があります。

許可がおりるかどうかは発注してみないと
わからないので、低コストで整備する場合は
一度、発注してみましょう。

自動体外式除細動器の中古がおすすめな理由は?

自動体外式除細動器を低コストで
導入するならAEDshopの中古がおすすめ。

なぜなら、、、

・中古でも中身は新品交換だから
・耐用期間が短いけど価格が安いから
・耐用期間中は保証が効くから

中古だと耐用期間が短いから割高では?
というとそんなことはありません。

理由は、買い替えの際に
安くなる可能性が非常に高いから。

昔はパソコンが100万円が普通だったのが
今では10万円で買えますよね。

それと同様、AEDのような精密機器も
時間が経てば製造コストが下がり、
価格が下がるはずです。

なので、低コストで環境を整備するなら
耐用期間が短くても中古で購入し、
4年後くらいに買い替えたほうが
結局安くなるという予見ができます。

この点については
家電を安く買う考え方と同じ。

ただ、実際のところ中古でAEDを
取り持ってくれる業者はごく少数なため、
多くの管理者は新品で導入している
ことと思われます。

AEDshopは、中古品を製造元に
依頼してくれる希少な業者なので
低コストで環境を整備するなら
AEDshopを利用してみましょう。

自動体外式除細動器の出荷までの流れ

自動体外式除細動器の
出荷までの流れがこちら。

  1. 見積もり依頼
  2. AEDの外観写真を見せてもらう
  3. 問題なければ発注する
  4. AEDshopが許可申請をする
  5. 許可が出たら商品発送

という流れ。

見積もり依頼はここからできます。

支払い方法は以下より選べます。

・クレジットカード
・銀行振り込み
・代引き

中古で自動体外式除細動器を
検討する場合は公式サイトを
チェックしましょう。

\新品価格より安い/

今すぐ見積もり依頼

AEDshopのよくある質問

AEDshopの質問コーナー!

Q.中古の場合、保証はどうなりますか?

A.残りの耐用期間がそのまま保証期間となります。耐用期間が4年なら保証も4年。耐用期間が5年なら保証も5年です。

Q.返品はできますか?

A.返品はできません。

Q.中古品のAEDの種類は何ですか?

A.「AED-3100」です。

Q.バッテリーは充電できますか?

A.できません。2年もしくは4年で新しいものと交換になります。

Q.パッドは定期的に交換が必要ですか?

A.パッドは約2年で交換となります。

Q.バッテリーやパッドの交換は素人でもできますか?

A.できます。

Q.AEDの設置に資格は必要ですか?

A.不要です。

自動体外式除細動器の中古ならAEDshop!

自動体外式除細動器の
中古情報をまとめると、、、

・特定の業者なら中古品が買える
・製造元の許可が下りれば買える
・中古品を扱う業者はかなり少数
・価格はAEDshopが安い
・保証期間もAEDshopが長い
・納期もAEDshopが早い
・総合評価でAEDshopがおすすめ!

自動体外式除細動器を中古で買うなら
AEDshopを利用しましょう。

低コストで環境を整備できます。

\新品価格より安い/

今すぐ見積もり依頼

>>AEDshop

© 2021 自動体外式除細動器の中古はどこに売ってる?安く買う方法を徹底解説!